産後の身体

帝王切開後の傷あとマッサージ~自宅でセルフケア~ 

こんにちは、ririです。

今回はご自身で簡単にできる、帝王切開の傷あとマッサージについてお話しをしていきます。
これは理学療法士である夫から指導されたマッサージです。

手術でできた傷まわりの皮膚は、マッサージをしてあげないと、どんどん硬くなっていき、そのまま放置をすると皮膚が引っ張られてケロイドに…。

ケロイド対策には「傷の摩擦を防いであげること」と「皮膚が硬くなるのを防いであげること」が大切。

傷あと用の保護テープとマッサージ、両方行うことで摩擦を防ぎ、皮膚が硬くなるのを予防できると思います。

ご紹介しますね!

理学療法士直伝!傷あとマッサージ

今回はこのウサギちゃんをママさんに見立てて、説明していきますね。
テープが貼ってある箇所が傷あとです。

①傷の上下に指を置く

②傷の内側に向かって皮膚を押す。
場所を少しずらして傷全体的にマッサージする。

③傷の上に指を置く


④傷に近い部分の皮膚を指で押さえ、傷から離れた部分の皮膚を指で外側へ軽く押してあげる。
場所を少しずつずらして傷全体的にやる

⑤続いて指を傷の下に置く

⑥傷に近い部分にある指で皮膚を押さえ、傷から離れた部分にある指で皮膚を軽く下に押す
指をずらして傷の下全体をマッサージする

【ポイント】「傷に近い部分は内側、傷から離れた部分は外側に押してあげる」こと。
傷に近い部分を外側に押すと傷が引っ張られて痛むので、気を付けてくださいね。

保護テープの上からでも大丈夫。入浴中にやるのが続けやすいと思いますよ
riri

まとめ

いかがでしたか?

そこまで難しくないので、簡単に続けられると思いますよ。

ポイント

・傷まわりは皮膚を内側に、傷より少し離れた部分は皮膚を外側に軽く押してあげる
・入浴中やお風呂あがりにやると継続しやすい
・保護テープの上からでもOK。保護テープとマッサージ両方実践するのがおススメ

私は1度目の帝王切開の後、傷の痛みが怖くて、このマッサージをほとんどやりませんでした。
その結果、全体的にぷっくりとしたケロイド状に…

2度目の帝王切開の後は、おそるおそるやりました。
その結果、前回よりはきれいになりましたが、すこしだけケロイドが残っています。

このマッサージをすると、最初は傷が痛むと思います。私もそうでした。
しかし皮膚を動かしてあげないと、硬くなってしまうので結果ケロイドになってしまうんです。

私の反省点は、保護テープを途中放棄してしまったこと。
そして痛みを気にして、このマッサージを毎日継続的にやらなかったこと。

その結果またケロイドになってしまいました。
傷まわりの皮膚は硬いです。

皆さんには私のような後悔をしてもらいたくはないので、是非マッサージと保護テープを実践していただけたら嬉しいです。

そうすることでケロイドになることを防げるし、傷あとが目立たなくすることも十分可能ですよ。
傷の痛みや、毎日忙しい中で継続してマッサージすることは大変ですが、ご自身の体のためにもぜひ実践してみてくださいね。

ママ向けダイエット無料メルマガのご案内

忙しいママのためのダイエット情報を無料で配信しています!

ご登録いただくと特典として
「痩せる思考をつくる10のポイント」をプレゼント♡

▲▲詳細は画像をクリック▲▲
  • この記事を書いた人

りり

4歳と2歳の娘を育てるママ。2度の帝王切開、妊娠高血圧症候群を経験しています。日本ダイエット健康協会プロフェッショナルアドバイザー・姿勢コーディネーター資格有。 帝王切開の経験から、帝王切開ママの心に寄り添うブログを運営しています。

-産後の身体
-,

© 2021 帝王切開ママの心に寄り添うブログ Powered by AFFINGER5